セルフリペアスクリューレーシングの取り付け方

必要な工具:ドライバー、カッター、さしがね、金槌、グラインダー

インパクトドライバーアイコン1.png
カッターナイフアイコン1.png
ものさしアイコン1.png
金づちの無料アイコン.png
%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%

ステップ①

1mの製品から、お客様に合わせた長さに切りだし、発送いたします。

複数セット購入や大量注文ご希望の場合、1mのままでの発送も可能です。その場合はご自身で長さの調整が可能です。

インパクトドライバーアイコン1.png

DIY

20200623_085438.jpg
20200623_085525.jpg

ステップ②

補修用のベルトはご自身でご用意ください。さしがねなどを使ってつなぎたい部分のベルトを垂直に切ります。カッターで簡単に切れます。

20200623_085747.jpg
Screenshot_20200619-211557_YouTube.jpg

ステップ③

レーシングの片側をベルトに取り付けます。しっかりと中心を合わせてください。固定する位置が決まったら金槌で軽く叩き、奥までしっかりはめ込みます。上からも叩くとベルトにレーシングが食い込み、ずれにくくなります。

Screenshot_20200619-211707_YouTube.jpg
Screenshot_20200619-211815_YouTube.jpg

ステップ④

中心から付属の専用ビスで固定します。

20200623_085747.jpg
Screenshot_20200619-211925_YouTube.jpg

ステップ⑤

ベルトを裏返し、飛び出しているビスの先端をグラインダーで削って、指で触っても引っかかりがない状態まで平らにします。

Screenshot_20200619-212045_YouTube.jpg
Screenshot_20200619-212521_YouTube.jpg

ステップ⑥

ベルトの角を切り、引っかかりにくくします。

ステップ⑦

反対側のベルトにも同様に取り付け、はめ合わせ、ワイヤーピンを挿したら完成です。動画でも取り付け方を紹介しているのでご覧ください(動画リンク)。ベーラー機へのベルトの取り付け方はこちらに載せてますので、そちらも参考にしてください。

20200623_164141.jpg
Screenshot_20200619-212317_YouTube.jpg
Screenshot_20200619-212408_YouTube.jpg

※ジョンディア用ベルトなどの場合

菱形加工などによって厚くなっているベルトに装着する場合は、レーシング装着部の表面のゴムを2㎝ほど削り、平らにしてから装着してください。

20200623_090412.jpg
20200623_090433.jpg
20200623_091435.jpg
20200623_091635.jpg